ルックスとセンスは両方大事ね

女子のわたしでも魅力的な女を見かけると視線がいくからね。魅力的なのはいいなあ。うらやましい。私も依然として大人になりきれていないってことでしょ。
洗濯は苦手だけど家庭思いのあたしに最適な人がいるんだったら、お見合いもアリなのかな。本当のことは私にはわからないけど、結婚相手に求める希望は高いらしい。まあ、根本的に婚期を逃して晩婚を目指すもの難しいような気がするわね。
わたしも未だに大人になりきれていないってことなんかなぁ。ファッションも化粧もばっちりキメて行った飲み会に限って、希望の男子がいないなんてことも。わかるわかる。どんなにタイプな彼ができてもファミリー志向でないと困るものなんかなー。後輩の夫婦は問題が絶えず辛いと言っていたけど、結婚相手がいるだけうらやましい(–;)。
続きを読む

心を惹かれる男子

できればありのままを尊重することができる関係を築きたいね。うんうん、これから先のことは誰にもわかりません。現在一度に若返った?とひそかに勘違いしているワタシはむなしい(泣)。
でも無意味な交遊だけはイヤだ。オンナとメンズの意見は違うものだから結婚って予想外にスゴイことだとつくづく感じる。今度機会があったときには思い切って本当に逆玉に乗ってみようかとも考える
例えてみればだけど、王子さまのような理想の彼氏が現れないかと妄想しても無益だよね。わたし、わりとキャラクターはいいほうだと思うんだよね。ぜんぜん問題ないよね。
アタックしても駄目な恋愛はどうすればいいのかな?ある程度不安だったり(–;)。私と同世代の女の現況はどうなんだろ!?私もまだ大人になりきれていないってことなんかなー。たとえばメガネが似合う女子は男性心理をくすぶるのかしら。と思ってみたり(^^ヾ)。
続きを読む

インスピレーションでベストなお相手を!

例えていえばロングヘアの女の子は男性心理をくすぶるのかしら。と思ってみたり(*^^*)。前回付き合っていた人とは半月も連絡取らなかったときもあったから、ラブラブな関係を維持するにはもっと一緒でいるほうがいいと思うよ。理想が高い位置にあるあたしにはたくさんのアタックが必要だよねぇ。やはりゴールデンウィークに予定がないワタシはなんだか空しい気持ち。
それはそうと、彼氏ができて共同生活を始めても恥ずかしくない生活習慣にしようと最近は気をつけているつもり。時々迷いもあるけどきっちり前に進むしかないかなと思う。うーん、一生独身者と比べたら、例えば職場恋愛も全然OKよねー?
清潔なひとがいいんだけど、一緒にいておもしろい人が最低条件だねー。できればありのままを理解することができる関係を築きたいね。性格の無い人恋しい女だと勘違いされたくないから会話にはマジでいつも気を遣うよ。
続きを読む

嫉妬深い女の子は敬遠されがち

時たま迷いもあるけど間違いなく前に進むしかないかなと思う。無用な巡り逢いはできればしたくないけど、難しい課題ね。
いまいち好評のファッションには疎いけどわたしなりには他で意気込みを意識しているつもり。お互いの性格の違いをしっかり留意しあうこともラブロマンスのつぼね。現在は確かにプラトニックな恋愛観を持った人は少ないけど、ほとんどの場合気にしないよねぇ。こっそり誠実な王子さま系がダイスキかなと思う。
女としては色気があるほうが利点があるわけだし。悩み事を尊重するような仲が夢のような夫婦仲なんだね。うんうん、格好は服装や化粧でどうにかなるけど、内面を磨くのは結構みんななやみなんだよ。それはさておき頭のいい堅実なオトコでも話が急に下ネタになるとちょっと気落ちするかなあ。
言い争いで別れたカレとよりを戻すなんてこともこっそり考えるとオーケーと思えるね。このところは暇な時間を回避するように努力しています。ああ、好きになるときのこの思い、いつまで続くのかしら?女性のあたしでも美麗な女子を見かけると視線がいくからね。綺麗なのはいいなあ。うらやましい。
続きを読む

外観と性格は両方肝要ね

それはさておきみんなは外食で行きたい場所はどこ?依然として結婚占いはブームなのだろうか?やってみたら予想外に当たるかも!?それはそうと高収入の常識があるオトコでも話が急に下ネタになるとちょっとドン引きするかなあ。それはそうと夢のあるひとだったら草食男子も十分イケるでしょ。
話は変わるけど、男の子の好みな外食スポットって、どこだろう??あさっては暇だからどこ行こうかな?流行のプロポーズの言葉はどんなかな?比較的興味あるなあ。
きっかけを掴んだら、あとは頑張りしかないよ・・・。福島にいるかわいいトモダチはこれからゴールに向けて最後の精進らしい。いいなあ。今はいろいろあっても定期的に動機を保っていきたいね。
昨晩偶然知り合った会社員風の人にはなんとなくワンサイドラブのときの想いに近いものを感じたな(*^^*)。あーあー。今度の夏休みはマジで何しよう??彼にするなら人恋しいときはいつでもそばにいてくれる男子がいいさ。
続きを読む

草食系の男ごころとは

巡り逢いはいつあるかわからないから、服装にはしょっちゅう配慮しようと思ってはいるけどね。お互いの性格の違いをちゃんと認識しあうことも恋のかなめね。ホントに男性心理に興味津々(^^;)。そもそもお互いの趣向を理解することは恋愛関係を築くときには最も大事でしょう。
このごろ一度に若返った?とこっそり勘違いしているあたしは寂しい(–;)。でも考えてみれば見掛けと人柄は両方大事だね。近頃一度に若返った?となにげに勘違いしているわたしはむなしい(泣)。
圧倒的に華麗な女になって元彼氏さえも見返してやりたいとよ。街で仲の良さそうなアベックがデートしているのをみるとワタシの女性心理が揺れ動くのだ(+_+;)。ああさびしい。カレにするなら人恋しいときはいつでもそばにいてくれる男子がいいさ。
基本的に、甘い言葉を言う男性には意外と弱いのよね(^^ヾ)。来週の土曜日は学生時代の先輩で集まるから、いい人いたら紹介してもらおう、っと。まあそこそこ違和感があっても生活スタイルが合うというのが最善よね。あたしが意気消沈するのは見た目が良く話すでも優柔不断な男子だね。
続きを読む

職場恋愛?可能なら!

圧倒的にキレイなオンナになって元彼氏さえも見返してやりたいとよ。言い争いで別れた彼氏とよりを戻すなんてこともこっそり考えると問題ないと思えるね。うんうん、難儀な一日を終えた後のHAPPYなヒトトキは彼氏と居たいものだねェ~。
個性の無い空しい女だと勘違いされたくないから会話にはほんとうにいつも気を遣うよ。それはさておき、男の人のカッコいい服装はドキュンとくる魅力で性的魅力倍増だから。
ぜひ婚活がうまくいく見込みをいつでも信じていたいよ。先週水曜日のパーティーでは実業家と知り合ってあまりに感激して友人に電話かけちゃったよ。あさってはひまだからどこ行こうかな?話は変わるけど、彼ができて共同生活を始めても恥ずかしくない生活習慣にしようとこのところは気をつけているつもり。
続きを読む

NGな男?

最高のLOVEはどこから来るのだろう、とひそかに妄想するから私もひまだなあ。このところは確かにプラトニックな恋愛観を持った人は少ないけど、たいていは気にしないよねぇ。ワタシ的には草食系もおすすめー!
どんなにべたぼれでも別れは突然にやってくるもの割り切ることも大切だね。それにしても男の子の選択はとことん入念にやりたいものなのよ。
一昨日も年格好不相応なツーショットを見たけど、ああいうのも楽しそうで面白いものだね。群馬にいるグラマラスな知り合いはこれからゴールに向けて最後の頑張りらしい。いいなあ。
だれか、カンタンに気が利く男子と両想いになれる手法を教えてくださいよ・・・。自分が「シングル」という実態は別の視点から見ると安堵できるものかも、とときどき思ったりもします。
続きを読む

お勧めの血液型判断はなにかな?

しっかりした意見を持っている大人な男の人も結婚相手としてはいいよね。実際のことはワタシにはわからないけど、結婚相手に求める理想は高いらしい。予想外にキモイ男はごめんなさいだけど、男の愛嬌があればまだマシだと思えるワタシなのであります(*^^*)。できればたくさんの男性とめぐり合いたいよ。今晩もパーティー行こうかな。
趣向の不一致はやがて離別の原因になるから、念入りに決めたいね。例えばだけど、王子さまのような理想の彼氏が現れないかと妄想しても無用だよね。まだまだ血液型判断はブームなのだろうか?やってみたら想定外に当たるかも!?
トモダチの夫婦はもめ事が絶えず大変と言っていたけど、結婚相手がいるだけうらやましい(-_-;)。クールなひとがいいんだけど、一緒にいてオモシロイ人が最低条件だねー。とはいっても希望の自分を継続するのは厳しいんだね。
続きを読む

インテリ風な男の人が理想

草食系男子には肉食女子でも全然問題ないさ。と開き直るワタシ。オンナとしては艶っぽさがあるほうが特長があるわけだし。あたしだって色っぽさがあるうちは利用すればOKよね。ワタシと同世代の女子の現状はどうなんだろ!?
希望の関係を築いてHAPPYな職場婚をするには今の職場は程遠いし(+_+;)。それはそうと、親しい友達は交際3年目で初ベッドインしたらしいけど、そういうラブロマンスもあるのね。人それぞれ適切な人間関係は違うものだよね。わかるわかる。OLやっているトモダチはラブラブな瞬間はいつも空回りトークをしてしまって悩み事なのだそうだ。わかるよ
好きな時にそばにいてくれる天真爛漫なカレがいればなぁ。つぎのラブロマンスでNGなようなら婚活は挫折なんだなー(ノ ゜Д゜)ノ。そこそこ出合いに関しては大胆な男だと好奇心が持てるものですよね。
続きを読む